最新の電子書籍化

電子書籍化とその現実

電子書籍化は、それだけでは売れないことははっきりしています。
宣伝費、広告費を出せば出すほど、損益分岐点は高くなります。
売るために経費を使うジレンマは販売に携わってきた人には頭の痛い問題です。
そこで視点を変えてみましょう。
電子書籍化は販売のためであることはもちろん、書籍のバックアップとしての機能ももたせるのです。
どういうことかというと、紙はいつかは朽ちてしまいます。
そこで紙の書籍を電子書籍化することで、将来にわたって、書籍を残すことができます。
バックアップ媒体自体がなくなれば問題ですが、100年以上も前のフィルムなどが残っていることを考えたら保存に関してはそんなに深く考えなくてもいいように思います。
電子書籍化についてはさまざまな考え方があります。
ちょっと視点を変えることで少し気分が楽になれたらいいですね。
紹介されるに値する電子書籍化の案内はこちらです。

ipad 故障

他社とは違う「復縁相談」をご提供

B型肝炎 給付金

当社のサービス一覧

電子書籍化とロングテール

ロングテールという言葉をご存知でしょうか。
Amazonなどのネットショップなどの販売モデルを

電子書籍化とスペースの問題

電子書籍化の一番のメリットはスペースの問題ではないでしょうか。
たとえば、紙の場合学術書だと分

電子書籍化とIT革命

以前IT革命といわれる時代がありました。
そこからITバブルという好景気に世界がわいたのですが

電子書籍化はハードルが低い

電子書籍化の波はこれまでの延々と受け継がれてきたIT化の恩恵によるものが大きいです。
コンテン